読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悠一の長坂

私立ちがよく口にする珈琲、紅茶、緑茶などに含有されるカフェインは、お肌のシミを増やす危険性があります。肌のいろいろなところにシミを拡散指せる結果となったり、長年にわたってカフェインを摂取していると色素が沈着しやすい体質になることが危惧されます。
それから、緑茶に含有されるタンニンもシミに悪影響がでやすい成分ですから、シミが気になるという人はあまり多くは飲まないようにしましょう。
さまざまなスキンケアを試したけどいまいちという方は、スキンケアの「機会」を逸しているのかも知れません。



たとえば湿度が高いバスルームから出たり、洗顔し立ての素肌は吸い付くようにしっとりしているでしょう。

でもそれって、表面だけなんです。

雨が降ったアトに急に乾いた泥はヒビ割れが生じますが、それと同じこと。知らずに放置したりすれば、年齢とともにシワや乾燥の影響が出てくるのは必至です。
つまり、この時間を上手に使うことが美肌のカギなのです。

入浴後や洗顔後は間違っても鏡の前で「あ、ニキビ」などとどまったりしないよう気をつけてちょうだい。タオルで拭いたら保湿効果のある化粧水などで本格的なお手入れ前のファーストケアを施してあげましょう。体のラインがゆるむとなんだか老けて見えますよね。以前、雑誌で話題になっていた断食に挑戦しました。

断舎利ではなく、断食(ファスティング)の方ですよ。相性が良かったのか短期間にサイズダウンに成功しました。
そんなに急なダイエットではないし、サプリで栄養補給してストレッチも欠かさなかったのに、何となくお肌に目たつ皺ができてしまいました。
ダイエット前後の写真なんて撮っていませんからわかりませんが、きれいになるはずが、なぜこうなった?。


と思いますよね。



とりあえずダイエットは辞めて、スキンケアを念入りに行っていこうと思います。40歳以降のお肌のしわケアについて、良い方法がみつからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

お肌の乾燥状態が続くと、しわができる大きな要因となるでしょう。
クレンジング後にコットンに化粧水をふくみ込ませて、パッティングする方法が良いとされていますが、一生懸命にパッティングしすぎたら、肌のためにはベストな方法ではないという話も聞きます。

コットンに適量の化粧水を染み込ませて力は入れないでパッティングするほうが良いかも知れません。赤ちゃんの肌を守るのも大事ですが、赤ちゃんに触れる自分の肌ケアも同じくらい考えてみましょう。



ホルモンは生理周期でも変化しますが、妊娠により数ヶ月以上安定していたアトは影響が大聴く、肌にもトラブル(しみ、しわ、過敏症等)が生じるため、身体的にも気分的にも大きな負担となります。表皮の再生を促すホルモンが急に減って皮膚が薄くなって乾燥しやすくなります。
表皮バリアが薄いので肌が敏感になるので、低刺激で無添加のスキンケアアイテムを選び、たっぷりと肌を保湿するようにしましょう。ベビーちゃんと一緒に使えるケアアイテムもあるようです。

シミ・シワ・そばかすなどアンチエイジングの敵として日光(紫外線)はケアしているのに、乾燥は意外と我慢している人が多いんです。うるおいが不足してくるとしわができてきたり、出来たシワが定着しやすくなります。目の周囲は水分蒸散の防御となる皮脂の分泌が顔の他の部位にくらべて極端に低いので乾燥の影響を集中的にうけ、どこよりも先に年齢を感じやすいのです。肌のハリを生み出すコラーゲンとかヒアルロン酸の減少も加齢により加速するので、シワ予備軍とも言うべき肌のたるみが出やすくなるので、専用の対策品を使用したケアが必要になってきます。
思い立ったときにすぐできるアンチエイジング対策として、フェイスパックのようなスペシャルケアをしてみてはどうでしょう。



特に目元のシワには効果的です。
いま話題のヨーグルトパックはコスパも良いのでオススメです。
市販のヨーグルトを顔の上にぺたぺたと塗っていくだけです。


しばらくして、ぬるま湯できれいに落とします。ふくまれている天然の美容成分が内側から皮膚を持ち上げて小皺や乾燥を無くすよう作用してくれるはずです。大手のエステのコースの中には、シミやソバカスを薄くしたり、消してくれたりするフェイシャルコースも多く見かけます。


シミを隠せるという化粧品を使ってもシミなどが完全にカバーできず、隠すのに必死で結果としてまあまあの厚塗りになってしまったといったことになってしまいがちです。
エステはそんな悩みを解消してくれるので、メイクの厚塗りとはさよならしたお肌に変わる楽しみが生まれるでしょう。