読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フッキーとヒガラ

ニキビを防ぐために、私は毎日の朝食で、フルーツを摂取するようにしています。
その時節の旬の果物を欠かさずに摂取しています。果物を食べるようになってから、お肌を褒める人が多くなり、生理前でも、近頃は吹き出物が発生しなくなりました。


http://fosoehgar1isl0ouonnttd.hatenablog.com/
便秘が治ったことも、ニキビが発生しなくなった理由の一つと考えられるかもしれません。何をしてもにきびが出来てしまうときには、これまでのケアの仕方を変えて、原因をはっきりとさせてた上で最良の治療を大事です。ニキビが一向に治らないのは、ホルモンバランスが正常でなかったり、食習慣が乱れていたり、合わない化粧品を使うことによって肌が荒れてしまっている等、ニキビの原因には多彩なものがあります。

繰り返されるニキビの根本的な原因を知った上で、その原因が取り除かれるようなケアをしていきましょう。


女性によくみられるニキビの原因のひとつとして女性モルモンのバランスが保持されないことが考えられます。

女性ホルモンのバランスは、ストレスを感じるとすぐに乱れがちと公言されています。さらに、生理前はとりわけ女性ホルモンが非常に乱れやすくなります。生理前にニキビの悩みを抱える女性が多いのも実はこの女性ホルモンの乱れからきているのです。ニキビを搾り出すと、膿がそこから出てきます。
さらに、潰すと芯がその中から出てきます。
これがニキビの原因となっているものですが、無理に潰して芯を出すことは決しておすすめはできません。無理に潰すことになる所以ですから、さらに炎症は広がります。ニキビ跡として残ることもありえますので医薬品などをつけてじっくりと治しましょう。
妊娠の初期はホルモンバランスの乱れが原因となってからニキビが出来やすい肌になります。

さらに妊娠に伴った精神的ストレスもニキビの原因となってしまいます。だからといって、抗生物質などは使用が出来ません。正しくホルモンバランスを整えていられるように、この時期にはゆっくり落ち着いて、身体を休めさせてあげましょう。
実はニキビは10代までの若い子だけの言葉で、20歳以上になるとニキビではなく吹き出物といわなければならないなんてよく耳にします。
ついこのまえ、数年ぶりに鼻の頭に大きなニキビを見つけたので、主人に、「ニキビができたの」と見せると、笑いながら、「その歳じゃもうニキビなんて言わないよ」と、から替れました。
ここのところ、重曹を使ってニキビケアが出来ると言う話をよく聴きます。重曹は弱アルカリ性で、油分を分解する力があるため、重曹を混ぜた洗顔料で洗顔すれば、毛穴の汚れや角質の除去ができ、ニキビの症状を改善させる効果が期待できるというのです。ただ、研磨効果のある重曹がふくまれた洗顔料だと肌を傷つける可能性もあるため、注意を払いながら試す必要があります。

母親はニキビが多くて、自分も中学からニキビに悩まされ、二十歳を越えた現在でも、すぐにニキビが出来る為、顔のケアは意識してやっています。


そして、三歳になる娘もすでに毛穴に角質がつまりはじめています。



不憫なことに必ずニキビができやすい肌になり沿うです。

遺伝とは恐ろしいと感じました。